お彼岸のお参り|海蔵院は戸塚(横浜市)にある臨済宗円覚寺派のお寺です。ずっと安心の樹木葬墓地(戸塚花観音墓苑)、気軽に借りれるレンタル墓地、永代供養墓(みんなのお墓)、ペットのお墓 〇いつくしみ 〇さくら(樹木葬)〇にじ(ペットもいっしょ)、ご案内しております。

海藏院
お彼岸のお参り
春分3月 秋分9月
春、秋の両彼岸にはお寺、お墓へお参りしましょう。

彼岸会は聖徳太子の時代より先祖代々のご供養として勤められております。
春は、3月の春分の日を中日として前後3日間
秋は、9月の秋分の日を中日として前後3日間
の計7日を俗に「お彼岸」と呼んでおります。

彼岸とは、仏教語「波羅蜜多(到彼岸)」を略したものであり、「彼岸へ到達する」という意味です。
この彼の岸とは、煩悩、苦悩を超えた悟りの世界のことです。
そして、煩悩にまみれ、苦悩に満ちた私たちの世界は「此岸」といい、娑婆(しゃば)世界、つまり現代社会の世界です。

お彼岸のお参り

彼岸に到達し、幸せを掴むには六つの仏の智慧の実践が必要になります。
彼岸へ到達する六つの徳目(六波羅蜜)

◆六波羅蜜(ろくはらみつ)(六度)
みんなが幸せに生活するために行う六つのこと

1.布施(ふせ)…みんなで、力になりあいましょう
2.持戒(じかい)…みんなで、きまりを守りましょう
3.忍辱(にんにく)…みんなで、しんぼうしあいましょう
4.精進(しょうじん)…みんなで、はげむ心を養いましょう
5.禅定(ぜんじょう)…みんなで、つねに心の静けさを保ちましょう
6.智慧(ちえ)…みんなで、心の中に信心の光をかかげましょう

また一般には国民の休日であります。
春分の日は「自然をたたえ、生き物を慈しむ日」であり、秋分の日は「先祖を敬い、亡くなった人たちを偲ぶ日」と定められています。

この期間中は、仏教徒として
@菩提寺の本尊(本堂)へお参りし、
Aお墓参りをして、お墓を清掃し、お線香、お花を供え、
B仏壇をきれいにして、お花、お供物をお供えします。

このようにお彼岸は私たちのご先祖様を尊び供養をし、お悟りを開く仏道習慣の期間でもあるのです。

海蔵院の彼岸会のお参り

◆墓参用仏花置いてあります◆

◆墓参用線香あります◆

墓参用仏花置いてあります。
墓参用線香あります。

一束    500円
一対(2束) 1000円

一束    100円
(風よけライターもお貸ししております)

街の花屋さん

街の花屋さん

春・秋の彼岸会期間中7日間は、墓参用仏花を花屋(街の花屋さん)さんにお願いしてお寺の玄関に置いてあります。

一束500円〜になります。

このページの先頭に戻る